【素人】小悪魔系むっちり女子大生の漏れ出す喘ぎ声がエロい!

2020/10/31

本日初撮影の被写体は、大学で機械工学を学んでいるという「るなちゃん21歳」。
機械工学という堅苦しい響きとは真逆のふわふわとした見た目の、仕草が可愛い女の子。
緊張しているのか、パッチリと大きい目をさらに見開きながらインタビューに答えてくれる。
男受け抜群そうな彼女だが、セフレもおらず、経験人数も付き合った彼氏2人だけで、1人で慰める日々が続いているみたい。
『最近そういうこともなくて…ちょっと興味が…』と恥ずかしそうに応募動機を話してくれる。
カメラが近寄ると頬を赤らめて恥ずかしがる、るなちゃん。
どうやら相当敏感なようで、緊張をほぐすように優しく小鳥キスをしただけで段々と目を蕩けさせていく。
少しづつ服がはだけていくと、むっちりとした美白柔肌がお目見え、近くで見てもシミ一つないからだは積もったばかりの雪のように見惚れてしまう綺麗さ。
期待通りのピンク色をしたマシュマロおっぱいの先端を舐めれば、期待通りのエッチな声を室内に響かせてくれる。
男の舌が下半身へと伸びると小刻みに体を震わせながら2回も絶頂を魅せ、四つん這いにして追撃の手マンをすれば、白桃尻をいやらしく突き出しながら潮まで吹き散らしてしまう。
すっかりスイッチの入った彼女は自ら床に膝をつき、男根が差し出されれば、じゅるじゅると卑猥な音をたてながら男根を咥え、喉奥まで流し込んでいく。
そして、彼女の奉仕で高まりきった男根を、お次は下のお口の奥までねじ込んでいく。
下着をずらして、大好きだと語っていた正常位での挿入にあっさりと絶頂を迎えてしまう、るなちゃん。
『ぁぁぁぁああぁあッ!だめ!ダメッ!ぃぃい逝っちゃうッ!!』もはや悲鳴に近い声で快感を叫びながらFカップを振り乱し感じまくる。
後ろから激しく奥まで突けば、むっちりボディを波打たせて逝きまくり。
初体験のスパンキングで少しづつ紅潮していくお尻が卑猥に映る。
久しぶりのSEXで今まで経験したことがない快感を味わってしまった彼女、最後は放心様態で精液を受け止め…

関連作品

作品の評価にご参加ください